外壁塗装でのトラブル

外壁塗装には、かなりの工事費用と工事期間がかかるので、事前にきちんと打ち合わせを詰めて、失敗のないようにしたいものですが、なかなかそうはいかずに後悔する事態が多く発生しています。ここでその具体例について紹介します。

安心できる柏の外壁塗装の関連情報がご覧になれます。

まず一番多いのは、色選びの失敗です。外壁塗装が終わり、養生シートと足場がなくなってみて、イメージと違う壁の色を見て愕然とする人は予想以上に多いようです。
周囲の住宅や植栽などの緑との調和を考えずに色を決めた結果、我が家だけが浮いてしまって恥ずかしい思いをしたり、逆に暗すぎて圧迫感を感じたり、といくらサンプルで見たとしても実際のイメージとは違う事が多くあるので、よく検討して決める必要があります。次に費用対効果の問題で、人件費や材料代を可能な限り低くしてもらったので、喜んでいたら、何年も経たないうちに外壁塗装がはがれてきてしまうケース、その時になって、慌てて施工業者に連絡をとったところ、すでに廃業していたなどと泣き寝入りするしかないといった声も良く聞かれます。
また工事中の近隣とのトラブルも多く報告されています。

きちんと養生シートをかけていたつもりが、高圧洗浄の際に、水と塗装が飛び跳ねてしまい、隣の家の車を汚してしまった。



ペンキの缶がひっくり返ってしまい、となりの塀や植栽を汚してしまった。

NAVERまとめについての知識を高めてもらうためのサイトです。

ペンキの匂いがひどすぎて、洗濯物が干せないと怒鳴られたり、と近隣トラブルも数多く発生しています。